2012/12/04

神様と伝説がいっぱい!高千穂の神社たち


いきなりだけど、出雲から九州へ飛びます。
年末に九州旅行する友人たちからのリクエストです。


というわけで、
まずは神話の里、宮崎県の高千穂から。

高千穂は、山々に囲まれた小さな里で、数々の伝説が今も色濃く残る場所。
まるで”天空の城”のようです。
古事記とか日本書紀に出てくる「天岩戸伝説」「天孫降臨」の舞台です。



この2つのお話をざーっと説明すると…

暴れん坊でどうしようもないイタズラばかりする弟スサノオに怒った
姉アマテラスが岩戸の中に隠れてしまいます。
太陽の神様であるアマテラスが隠れてしまったので、
世界は闇に包まれ、地獄のような世界になってしまいます。

そこで八百万の神々が集まって、アマテラスに戻ってきてもらう手立てを考えます。
あーだこーだ話しあって、思兼命(オモイカネ)という知恵の神様がある奇策を提案し、
それを実行することにしました。

なにをやったかというと、
アマテラスが引きこもっている岩戸の前でパーティーを開いたんですね。
トランス系のレイブパーティーです。
芸能の神様である天鈿女命(アメノウズメ)がダンスを披露し、乳を出して踊り狂います。
その姿をみて、神様たちがゲラゲラ笑い、わいのわいの楽しく過ごしていると、アマテラスが疑問に思います。
「外は闇の世界になったはずなのに、なんでそんなに楽しそうなの?」ってね。

疑わしく思ったアマテラスが、戸をそーっと開けて外を見ようとしたその時です。
力の神様である天手力雄命(タヂカラヲ)が戸を無理やり開けてポーンと放り投げ、
アマテラスを引っ張り出します。
そして、二度と引きこもらないように、
天児屋命(アメノコヤネノミコト)と太玉命(フトダマノミコト)が
しめ縄を張り巡らせて封鎖してしまいます。
こうして、再び世界は光に包まれ、元に戻るのです。

これが、天岩戸伝説です。
芸能ってのはすごいね。世の中を変え、世界を明るくすることができるんだもの。
それを証明したウズメさん、個人的にぶっちぎりナンバーワンで好きな神様です♡
スサノオの伝説も好きだけど、天岩戸伝説も大好き。
(この話に支えられ、いま芸能の仕事をしてるといっても過言ではない)

ですが、しばらく時が過ぎると、地上界はまた乱れてきます。
そこで、アマテラスは孫の瓊瓊杵尊(ニニギ)を派遣させ、アメノウズメたちと共に天降りさせます。
その降り立った地が、高千穂なんですね。
(ただし、宮崎県の高千穂のほか、鹿児島の霧島に高千穂峰っていうのがあって
こちらもその伝説が残ってるので、本当のところは分かりません)

さらに、天降りの途中、ニニギの一行は道に迷ったりするんですが、道案内をかって出た神様がいます。
それが猿田彦命(サルタヒコ)で、後にアメノウズメと結婚するのですね〜。

この天降りの話を「天孫降臨」といいます。

この2つのお話の舞台が高千穂。
というわけで、宮崎県の高千穂(と、鹿児島県の霧島も)を
紹介していこうと思います。
…だけど、高千穂は出雲と同じく
数えきれないほどの神社があるので、
メジャーなところから少しずつ更新していきまーす。
私も高千穂も霧島も3回くらい行ってるけど、
まだまだ回りきれてないしね。

あと。高千穂に参拝旅行するのなら、是非手に入れたいのがコレ!
高千穂の神社で社務所があるところでは必ず売ってます。
とても詳しく書いてあり、地図とか
オススメコースとか載っていて超便利!
価格は1100円!ぜったい手に入れるべし!


.....................................................

高千穂の神社たち

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...