2012/12/07

まじで人生が変わるかも?八大龍王水神社と八大之宮



高千穂の中でも、特に好きな神社。
あまり人に教えたくない、とっておきの場所。
写真を撮ってはいけない感じがするのであまり撮影していません。

ガイドブックにも地図にも記載されてない。
なので、初めて行くときは見つけるのが大変かも。
だけど、前回の記事で紹介した天岩戸神社からスグなので、
天岩戸エリアまで来たのなら是非行ってもらいたいなあと思い、
とっておきですが、思い切って書きます。
(車だったら2分くらい? 徒歩だと15〜20分くらい?)

行き方は…天岩戸神社東本宮の前の通りを、岩戸川を背にしてずっとまっすぐ。
しばらく行くと、たしか右手にバス停があって、鳥居と灯篭が続く道が。
その道を行くと、左手に木々に覆われるようにして手水舎が見えます。
そこが、八大龍王水神社。

八大龍王といえば…仏法を守護する八体の龍神。観世音菩薩の守り神とな。
たいていお寺にいらっしゃるんだけど、ここは神社に祀られています。
全国に八大龍王が祀られているところはたくさんあるんだけど、
私が行ったことがあるのは、奈良県大峰山の龍泉寺と、宮城県金華山の黄金山神社。

龍神って、こわいけど、現実的な願いを叶えてくれるイメージ。
心の奥底にある我欲を見抜き、やましいところがあると荒ぶる神にかわりそうな。
ウソやまやかしがまったく通用しないような、超おっそろしい神様。
だけど、龍神に気に入られると最強!っていう印象があります。


この神社を訪れてまずびっくりするのが、その境内。
まるで龍がとぐろを巻いているように、
木の根っこや枝が拝殿を取り巻いている。
身体をかがめながら中に入らなくてはなりません。

まるで、龍の家に入っていくかのようです。
この木々たちは結界かもしれないね。
実際、中に入ると、まるで洗濯機の中にいるように
ぐわんぐわん空気が渦巻いてるう〜
なんだここ!(@_@;)

湿度は高く、やたらと瑞々しい空間です。
でも、清涼な風が吹き抜けてやたらと心地良い。
そして、まがりくねった木の幹や枝に守られるように
ひっそりと拝殿があります。

…いんや、ぜんぜんひっそりとしていない。

一見、ひっそりと佇んでいるかのようだけど、
拝殿の前に立つと、いきなり背筋がピーンと伸びて、
軍人ばりに敬礼したくなるほど、
超エラそうで怖そうな何かがそこにはいらっしゃる。
寡黙だけど主張がやたらと強く、
威厳に満ちた「何か」。
思わず「お国のために戦ってきます!」と言ってしまいそうになります。笑

ああぁぁ、龍神様っぽい雰囲気〜〜〜♪
めっちゃかっこええ〜〜〜〜♡ 
悶えるほどかっこいいんですよ、本当に。←ただの龍神ファン。


龍神といえば水の神様。
この神社には、拝殿の右手に大きな井戸があって、神聖なお水を頂くことができます。
(とにかくデカい井戸なので落っこちないようにー!)
最初に行ったときは、水がこんこんと湧き出ているように豊かだったんだけど、
昨年行ったときは、水量が減っていた…ような。大丈夫かな。ちょっと心配です。

お水を頂くときは、社殿にお供えして
「お水を頂いていきます。ありがとうございます」
と手をあわせてくださいね。
一度にたくさん頂いていくのはやめましょう。
みんながそれをすると、枯渇してしまうからね。

そういえば、龍神は生卵とお酒とお線香が大好き!
というわけで、こちらの神社に行くときは、是非この3点セットをお供えしてください。
私は、くしふる神社と荒立神社の間くらいにあるスーパーでいつも買い物してから行きます。
きっと、龍神さまもご機嫌よく迎えてくれると思いますよ♡


いま思い返してみると、私はこの神社のおかげで、
心の中の”お荷物”をどっさり落とすことができた気がする。
ココロの断捨離ともいうべきか。

そしたらね、いろんなことがクリアになって、
まるで目にスカウターが装着されたみたいにして、
目に映るもの、身に起こることすべての意味が分かるようになった。……気がする。

「精神と時の部屋」に入った感じ?
とにかくすさまじい浄化力なのです………
高千穂に行ったらかかせない神社です。

※こちらの八大龍王水神は男の水神が祀られ、この近くにある八大之宮には女の水神が祀られてるそう。
両方セットでまわるとよいとか。私は八大龍王水神しかまだ参拝したことないのだけどね。。






八大龍王水神社 / 八大之宮

★祀られている神様
八大龍王

★ご利益
諸願成就、五穀豊穣

★住所
宮崎県西臼杵郡高千穂町永の内……あたり。
(地図は、下記のサイトを参考に!)






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...