2013/02/25

神が宿る大楠を観に行こう。伊豆の来宮神社へ。

あっちゅーまに2月末。
仕事に没頭していたら1ヶ月以上も放置してしまった。
出雲や高千穂の神社に戻りたいところですが、その前に今年の初詣を記録しておこうと思います。



今年の初詣は、伊豆方面に行きました。
熱海で一泊して、翌日は三島のほうまで足を伸ばし、三嶋大社と富士山本宮浅間大社にも行き、
その帰りに、東名高速を厚木で降りて、寒川神社にも行ってしまったとさ。

行き当たりばったりだったけれど、濃い参拝旅行となり、
その翌日からいきなりヤル気がでて…エンジンフル回転。
まるで神様エンジンが搭載された感じで、温泉によるメンテの甲斐もあり
自分自身がすっかりレストアされてしまった気分です。

旧車だってメンテナンスさえしていけば、新車を超えるんです。
それを身をもって表現していこうと思います。今年は。

さて。
まずは、熱海旅行一日目に行った伊豆山神社と来宮神社。
車で10分くらいの距離です。




来宮神社は「きのみやじんじゃ」と読みます。
御祭神は、日本武尊、五十猛命、大巳貴命です。
この3柱から想像するに、リーダー運アップ&勝負事に強そうな、
実に男らしい神社だということが分かります。
ちなみに五十猛命はスサノオの息子です。

この神社の名物…というかご神体は、おそらく天然記念物の「大楠」。
実は、友人からこの神社の絵葉書をもらったことがあるのだけど、
この大楠のことが書いてあって、すごくすごく気になっていました。
樹齢2千年っていうくらいだから、とてつもなくデカいに違いない。

で。
想像を超える巨大さ。笑
すさまじい生命力を感じます。




実際に大楠を観て感じたんだけど、
この神社の「きのみや」は「来宮」じゃなくて
「木宮」なんじゃないの?
っていうくらい、この大楠の存在が大きい。

木のまわりをぐるっと回れるように歩道があるんだけど、
どの角度から見ても圧巻。
この木に住めそうなくらい大きい。
自然の美術にはとうてい勝てない…とヘコむくらいの造形美。
イーゼルをたててデッサンしている方もいました。


 ●健康長寿・心願成就
 ●幹を1周廻ると寿命が1年延命する伝説
 ●心に願いを秘めながら1周すると願い事が叶う伝説



とのことです。


木に願掛けってよく聞くけど、木にしてみたら迷惑な話でしょうな。
植物って「かわいいね!元気に育ってね!」って愛情を込めて声をかけるとよく育つというから、
我欲剥きだしな願掛けはよろしくないような気がするよ。

だけど、この大楠はみんなの願掛けエネルギーを栄養に育ってるような気もする。
そのくらい大きくて、生命力に満ちあふれているのです。

それにしても、2千年の間には、戦や天変地異などいろんなコトがあったろうけど、
ただただ何も言わず、どしーんと構えて世界を眺めていたんだなーと思ったら、
ブーブー小言を言ってるアタクシなんて、ほんとに小さくてしょうもない存在だなと思わざるをえない。
この大楠のように大きくてもっと優しくなりたい、と思うのでした。

木もそうだけど、海とか山とか圧倒的に大きなものを見ると、心がすーっと落ち着く。
クールダウンして、大自然のエネルギーをもらって元気になる。
それこそが「ご利益」なんですね、きっと。


ところで、境内のあちらこちらに、上の写真のような手作りっぽい小さな照明がぶら下がっているんですが、
社務所で聞いたところによると、夕方から一斉に点灯するのだそうです。
これはグッドアイディア! 次には点灯している時に行ってみたいな。

ちなみに、こちらがその説明。ロゴがかわいい!


来宮神社 the Kodama Forest Project
悠久の時代と流れと共に神域として守り伝えられてきた来宮神社の杜。
杜の草木に宿る木霊(こだま)を140個の明かりで表現しました。
夜参拝に来られる方々が、川のせせらぎのもと自然を感じ、心くつろげる空間です。
自然の温もりと幻想的な世界を感じて下されば幸いです。

【点灯期間】常時 17時~23時 ライトアップ(変更時はホームページにて掲載)



来宮神社(きのみやじんじゃ)

★祀られている神様
日本武尊、五十猛命、大巳貴命

★ご利益
縁結び、諸願成就、商売繁盛、健康長寿など

★住所
413-0034
静岡県熱海市西山町43-1
0557-82-2241




大きな地図で見る

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...